新しくなった!西鉄天神高速バスターミナルでの乗車・アクセス・施設のご紹介!!

西鉄天神高速バスターミナル

西鉄天神高速バスターミナルから乗車されてことはありますか?西鉄天神高速バスターミナルから乗車できる便は非常にたくさんあります。ただ、初めての乗車だと、西鉄天神高速バスターミナルからどこまで高速バスで行けるのか、予約をした方がいいのか、しなくても乗車ができるのか沢山疑問点がありますよね。ここでは、実際に行った私が乗車できる便やアクセス・施設についてまとめてみました。

記事の続きを読む

【ヨーデル号】盛岡発、弘前行の高速バスに乗ってみた

盛岡たれまく
「ヨーデル号」は岩手県盛岡と青森県弘前とを結ぶ高速乗合バス。1日の便数や運行時間、運賃を調べてみた。出発場所や到着場所は現地の様子を画像付きで紹介。また実際に乗車した体験結果も紹介する。

記事の続きを読む

高速バス乗車時の手荷物ガイド~トランクに預けられる?サイズ規定は?

荷物
高速バスに乗車するとき、大きな荷物でも預けることができる?
何個でも可能?と気になるところ。
そんな疑問を解消!高速バスに預ける荷物についてお答えします。
記事の続きを読む

万代シティバスセンター利用時の乗り場案内と施設ガイド

ミッドランドスクエア前

万代シティバスセンターを利用するにあたって、乗車前に不安要素を「0」にしてもらえるように、
乗り場の案内に加え、コインロッカーや駐車場、バスセンター内及び周辺の飲食店などをご紹介します。
また、実際に足を運んだ筆者の視点からの案内も記載しているので、
利用客の目線での「万代シティバスセンター」を見てもらえればと思います。

記事の続きを読む

ミッドランドスクエア前バス停までの行き方完全ガイド

ミッドランドスクエア前

ミッドランドスクエアの場所は分かっても、「ミッドランドスクエア前バス停」と言われると、どこにあるかわからないという人へ、実際に私が各交通機関からの道順を歩いてきた視点から、注意するべき点や迷うことなくたどり着くことができる道順の案内を細かくご紹介しています。
また、ミッドランドスクエア内の案内も記載しているので、「ミッドランドスクエア前バス停」を利用する人は参考にしてください。

記事の続きを読む

横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキってどこ?アクセスと周辺施設のご紹介

ペディストリアンデッキ

横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキってどこにあるか知っていますか?高速バスの集合場所として多く利用されています。しかし、バスを予約して初めてペディストリアンデッキという名前を聞いたという方もたくさんいると思います。ペディストリアンデッキとはどこなのか・どうやって行けばいいのか、周りに何があるかなどを実際にペディストリアンデッキまで行った私がご紹介します。

【1】ペディストリアンデッキとは?

ペディストリアンデッキとは、建物と建物を繋いでいる屋上にある歩道のことです。比較的大きな規模の鉄道駅の駅前に設置されていることが多く、横浜駅のスカイビル2階にもペディストリアンデッキがあり、高速バスの集合場所として利用されています。ここでは、そんなペディストリアンデッキの疑問点について詳しくご紹介します。

1-1.ペディストリアンデッキはバス停ではなく“乗車前の集合場所

ペディストリアンデッキは横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)の2階にある高速バスの集合場所です。ここから直接バスに乗るわけではなく、当日乗車するバスが停まっている場所まで行き乗車します。バス乗り場までは乗務員が案内をしてくれるので安心です。

1-2.昼間に行っても何もありませんがご安心を

横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキは昼間に行っても何もありません。夜になるとバスの受付係員が来て、デスクなどが設置されて、バスの集合場所として利用されます。なので、事前に昼間にペディストリアンデッキまで見に行って何もなくても不安にならなくて大丈夫ですよ。(受付係員はこの写真のように、目立つ色のベストを着るなどしています。
ペディストリアンデッキ

【2】横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキへのアクセス

横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキはJR横浜駅東口から徒歩約6分の距離にあります。ペディストリアンデッキがどこにあるかわからない方もまず、横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)を目指して進んでいくとペディストリアンデッキまでたどり着くことができます。ここでは詳しく横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキまでの行き方をご紹介します。

2-1.横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキの住所と地図

【住所】〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目19−12

2-2.動画で見るJR横浜駅からペディストリアンデッキまでの行きかた

・JR横浜駅から横浜駅東口 スカイビル1階YCATまで

・横浜駅東口 スカイビル1階YCATからペディストリアンデッキまで

2-3.地図で見るJR横浜駅からペディストリアンデッキまでの行きかた

ペディストリアンデッキ
ペディストリアンデッキ
《1》.JR横浜駅の中央北改札または中央南改札から出て、東口方面を目指します。
(中央北改札なら左折・中央南改札なら右折です。)

ペディストリアンデッキ
《2》.しばらく直進すると、東口から出ます。そうすると、目の前にPORTA地下街が見えてくるので、エスカレーターで地下街に降ります。

ペディストリアンデッキ
《3》.エスカレーターを降り、直進するとインフォメーションセンターが出てきます。インフォメーションセンターを左手にまだまっすぐ進みます。上にYCAT行きの案内がたくさんあるので、YCATを目指して進みます。

ペディストリアンデッキ
《4》.しばらく進み、目の前にSOGOが出てきたら正解です。SOGO方面には進まず、SOGOの前を右に曲がります。

ペディストリアンデッキ
《5》.右に曲がるとSKYと大きく書いてある柱があり、右にあるエスカレーターで1階まで上がります。
エスカレーターを一度上がって、左折をします。その先のエスカレーターも上がります。

ペディストリアンデッキ
《6》.1階まで上がると右にYCATの入り口があります。その入り口には入らず、そのまま、もう一度エスカレーターを上がり2階まで行きます。

ペディストリアンデッキ
《7》.エスカレーターを上がると横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキに到着です。夜は受付係員が多くいました。

【3】どこからバスに乗るの?

バスはここからの乗車ではありません。乗車場所に移動し、そちらから乗車します。階段を降り道路沿いまで移動するので大きい荷物を持っていると大変かもしれませんね。
(※乗車場所が道路沿いになるので、混雑を防ぐために乗車地と集合場所を分けています)

【4】横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキ周辺のバスターミナル

4-1. 横浜駅東口バスターミナル

横浜駅にあるバスターミナルの一つが横浜駅東口バスターミナルです。JR横浜駅東口からは徒歩5分の距離にあります。JR横浜駅東口からSOGOまでは横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキまでの行きかたと同じです。そのままSOGO方面のエスカレーターを上がると横浜駅東口バスターミナルになります。(SOGOの1Fがバスターミナルです。)
横浜駅東口 スカイビルと隣り合わせになっているので間違えてこっちに行かないように注意が必要です。
詳細はこちら【横浜駅東口バスターミナル バスラボ記事】
ペディストリアンデッキ

4-2.横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)

横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)は横浜駅東口 スカイビル内にあるバスターミナルです。JR横浜駅東口からは徒歩6分の距離になります。こちらの2階がペディストリアンデッキです。ペディストリアンデッキが集合場所の方はYCATの中で時間を潰すのがいいかもしれないですね。
詳細はこちら【横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)バスラボ記事】
ペディストリアンデッキ

【5】横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキ周辺施設

ペディストリアンデッキは、いわばただの通路なので、待合室などはありません。早めに着いたときの休憩場所やトイレなどは1階のYCATへ行くといいですね。
ペディストリアンデッキ

5-1.待合所の有無

スカイビル1階にはスターバックスやカフェ(CaheBar Marceau)があるので、時間を潰した後に集合場所に向かうのがお勧めです。

5-2.ロッカーの有無

スカイビル1階の横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)に、コインロッカーがあるので、こちらで預けておいて集合時間の前に取りに来るのがいいですね。YCATからペディストリアンデッキはエスカレーターを上がってすぐなのでこちらが一番近いコインロッカーになります。
ペディストリアンデッキ

5-3.トイレの有無

一番近くにあるトイレは横浜駅のスカイビルの中にあるトイレになります。集合時間までにこちらでトイレを済ましてくことをお勧めします。こちらのトイレは個室が4つ・洗面台5つありました。
ペディストリアンデッキ

【6】横浜駅東口 スカイビル2階ペディストリアンデッキの周辺にある飲食店

6-1.コンビニ

横浜駅スカイビルの中にはコンビニ(ローソン)があります。乗車する前に飲み物などを買っておくのがいいですね。24時間営業なので安心です。
ペディストリアンデッキ

6-2.充電可能な飲食店

高速バスに乗る前に心配なのが携帯の充電ですよね。コンセントがないバスもたくさんあるので乗車までに充電を回復させておくのがお勧めです。YCAT1階にあるスターバックスにはコンセントが利用できる席があります。ただ、コンセントがある席が埋まっていることもありますので、その際は席が空くのを待つしかないですね。営業時間は7:00~23:00までです。
ペディストリアンデッキ

【7】まとめ

私が乗ったバスは出発時間の5分前までにペディストリアンデッキに集合し、ペディストリアンデッキで一度受付をした後に、乗客数名でまとまって乗車場所まで移動しました。センダーさん(案内係)が乗車場所まで案内してくれるので乗車場所を探さずに行けるので安心でした。ペディストリアンデッキという名前を初めて聞き不安になってしまう方も、YCATの上の場所と覚えているとすぐわかるので安心ですね。

阪急大阪梅田バスターミナル(阪急三番街)アクセスガイド

忘れ物

大阪駅には多数のバス停があり、場所がそれぞれ違うので分かりづらいのではないでしょうか。
今回は阪急大阪梅田バスターミナルのアクセスや周辺情報をご案内します。
記事の続きを読む

高速バスに忘れ物しちゃった!――そのときとるべき対応ガイド

忘れ物
高速バスを降りて、一息ついたのも束の間。
「あれっ!?ポケットに入っていたものがない!」「お土産をバスに忘れてきちゃった!」
と不安になったとしても、慌てないでください。
落ち着いて下記の対処方法を確認しましょう。
記事の続きを読む

コトバスステーション鳴門インターでできる、パークアンドライドとは?周りの施設は何があるの?

コトバスステーション鳴門インター

コトバスステーション鳴門インターから高速バスには乗りたいが、車でバス停まで行きたい・バス停から車で帰りたいという方も多いですよね。でも、料金がいくらかかるかわからない、どうやったら利用できるかがわからないなど疑問点がたくさんあると思います。そのような方のために、コトバスステーション鳴門インターの駐車場の利用方法や周りにある施設についてご案内します。

【1】コトバスステーション鳴門インターの所在地

1-1.コトバスステーション鳴門インターの住所と地図
【住所】〒772-0004 徳島県鳴門市撫養町木津

1-2.コトバスステーション鳴門インターまでの行き方

コトバスステーション鳴門インターまで行くのは車がお勧めです。一番近い金比羅前駅でもコトバスステーション鳴門インターまでは徒歩で約25分かかります。体力がある方は、歩いていくことも可能です。

・最寄り駅の金比羅前駅で降りて撫養街道に出る。
・出て右折し、そのまましばらく進む。

・最初の交差点を右折する。
・しばらく直進すると右手に木津元村公園が出てくる。(途中線路を横断)
・その先にT字路があるので、右に曲がる。
・一本道をまっすぐ進み、吉野川バイパス/国道11号線に向かう。

・左手に国道が出てくるので、国道沿いに進む。
・突き当りを左折し吉野川バイパス/国道11号線に入る。
・国道に入ったらすぐ右折し国道をまっすぐに進む。

・左手にローソンが見えてくるので、左折する。
・コトバスステーション鳴門インターに到着。

駅から歩くのは遠いという方は、金比羅前駅からタクシーに乗るのがいいですね(車では約7分)。

【2】コトバスステーション鳴門インターの周りの設備

2-1.待合所

コトバスステーション鳴門インターには待合所があります。この待合所の中にはカウンターや、トイレがありました。(私が行ったときは夜だったので誰もいませんでした)
現在の営業時間は高速バスが多く発着する夜間の時間のみです。なお、夜間はスタッフがいますが、常駐しているわけではありません。早く行き過ぎると待合室が空いていないこともあります(お昼など)。
コトバスステーション鳴門インター
コトバスステーション鳴門インター

2-2.コンビニ

コトバスステーション鳴門インターにはコンビニ(ローソン)があります。24時間営業なのでどの時間についても飲み物やちょっとしたお菓子などが買えるので安心です。

2-3.トイレ

インターチェンジにはもちろんトイレもあるのでご安心ください。待合室やローソンの目の前にあります。こちらのトイレがいっぱいなら、待合室にもトイレがあるので、そちらを使うのがいいですね。

【3】コトバスステーション鳴門インターの駐車場。

コトバスステーション鳴門インターには琴平バス専用の駐車場があります。こちらは琴平バスをご利用された方のみご利用が可能です。
コトバスステーション鳴門インター

3-1.パークアンドライドとは

パークアンドライドとは、自宅から車でバス停まで行き、車を駐車させた後に、バスに乗り目的地に向かうことです。なお、目的地からバス停まで帰ってきた後も車で家まで帰れるので、朝が早いときや遅いときでも安心して家まで帰れます。

3-2.パークアンドライドができる条件

コトバスステーション鳴門インターでパークアンドライドができる条件は、琴平バスを利用される方に限ります。
片道でもコトバスを利用された方は駐車場を利用できます。手続きや予約をする必要はないので、お客様専用駐車場の看板が立っているところで利用可能です。

3-3.パークアンドライドを利用する際の料金

琴平バスを往復利用している方は無料で利用できます。駐車場を別に利用しなくてもいいのはお得ですね。

【4】コトバス鳴門インターから乗車できる高速バス

4-1.コトバスエクスプレス

コトバスステーション鳴門インターから乗車可能なバスは、琴平バスが運行しているコトバスです。
コトバスは、四国から東京(新宿)、名古屋、福岡(博多)を結ぶ都市間バスです。シートタイプなども様々なので、お好きなバスをご選択いただけます。

詳細はこちら【コトバスエクスプレス乗車体験記 バスラボ記事】
コトバスステーション鳴門インター

4-2.予約方法

コトバスのご予約は以下のいずれかのサイトから可能です。
【コトバスエクスプレス】
【高速バスドットコム】
【楽天トラベル】

コトバスエクスプレスのサイトでは以下のような割引がたくさんあります。3か月前から便の販売を行っているので早めにご予約いただくとお安くなります。

★早割7…利用日の7日前までにご予約いただくとお得な割引。 ※席数に限りあり・他の割引との併用不可
★早割21…利用日の21日前までにご予約いただくとお得な割引。 ※席数に限りあり・他の割引との併用不可
★往復割引…片道+片道の料金合計から1,000円引き。(名古屋便は500円引き)
★学割…普通運賃より20%引き。 ※往復割引以外の割引運賃との併用不可
★子ども割…普通運賃より50%引き。 ※他の割引と併用不可
★障害者割…普通運賃より50%引き。 ※他の割引と併用はできません。
※お電話・窓口でご予約のみ。乗車の際に市区町村や保護施設が発行する書類のご提示が必要

【まとめ】

私がバスに乗った際は、このコトバスステーション鳴門インターで違うバスに乗り換えました。夜遅かったこともあり待合所には誰もいなかったのですが、椅子などがあり早く着いたときには時間を潰せると思いました。飲食店などは周りにないので、事前に済ませておくのがいいかもしれませんね。

【乗車体験】伊那バスで大阪まで乗ってみた!

伊那バス

2018年2月末日、伊那から大阪に戻るにあたって「伊那バス」を利用しました。
2017年12月に新しくなった、「伊那バスターミナル」の快適性や車内設備、予約方法などを実体験を元にご紹介します。

記事の続きを読む