WILLER EXPRESS「ボーテ」が女性に支持される理由

公開日:

Pocket

今、大都市間を走る高速バスは、夜行便に限っても何百便とあります。
バス選びに慣れないうちは「どう違うの……?」と戸惑うかもしれません。

迷ったとき、「快適に過ごせる夜行バスがいい。翌朝も疲れが残りにくいような……」とお思いの方、特に女性へお勧めしたいのが、WILLER EXPRESSの「ボーテ」というシートです。

全28席のうち、19席が女性専用。(残り9席は男女利用可)
単純に考えると、世の中の半分は男性ですから、他のバスより予約が入りにくそうなもの。
ですが、週末ともなればオフシーズンでもほぼ満席の人気シートです。

では、どのへんが女性に喜ばれているのか。WILLER EXPRESSのシート開発にも携わる女性社員の方へ、高速バスファンの筆者(女性)がインタビューしてきました!

~INDEX~

【1】まずは「ボーテ」の基本情報から(座席表・運行区間・利用者層)

――それでは、今日は「ボーテ」について詳しく伺いたいと思います!まずは「ボーテ」の基本スペックから教えてください。

はい。「ボーテ」は3列独立シートに分類されるシートタイプです。運行しているのは4路線。

  • 東京・横浜・川崎・千葉⇔大阪・京都
  • 東京・千葉⇔仙台・福島
  • 東京・川崎・千葉⇔新潟・長岡
  • 東京・横浜・川崎・千葉⇔名古屋・浜松
  • (※2018年春ダイヤ時点)

「ボーテ」を採用している車両は、一台のうち全席が「ボーテ」シートです。
ただ、

  • 前方1~3列目は男女問わず利用可能
  • 4~8列目は女性専用
  • 9列目のみ4列シートで、名称を「ボーテ4」として分けて販売。女性専用

……となっています。

――乗客のほとんどが女性、ということですね。

はい。前3列のシートも、カップルや、女性のご利用が多いです。

【2】女性の声から生まれた機能がいっぱい(シートの設備)

――ボーテの設備一覧を見ていると、盛りだくさんという印象を受けました。

  • 「ボーテ」設備
    座席間の「MYカーテン」
    コンセント
    レッグレスト
    イオン発生機
    ドリンクホルダー
    首あてクッション
    ふくらはぎに使えるコロコロマッサージ器
    ハンドミラー
    座席内側のポケット収納


「ボーテ」は、特に女性の声から生まれたものが多いですね。
シートを新たに開発するときは、お客さまから寄せられた意見を重視しています。
また、お客さまを招いて座談会を開き、直接お話を伺ってもいるんです。

たとえば、ふくらはぎをマッサージできる、「CoroCoroマッサージ」ですね。

――最初はレッグレストの上に収納されていて、前へ出すと使えるんですよね。最初は「なんだこれ!?」と驚きました。

これはむくみ対策ですね。女性ユーザーをお招きした座談会で、むくみの話題がとても盛り上がったんです。

――わかります!私も仕事帰りに乗ったら、バスを降りたとき、むくみ過ぎてパンプスが入らなかったりしました。

皆さん、高速バスでのむくみには悩んでいらっしゃいました。「あの着圧ソックスがいい!」なんて工夫がいろいろ出てきて。そこから考えたのが、「CoroCoroマッサージ」です。

――なるほど。個人的に「これ最高!」と思ったのが、温熱ヒーターを内蔵したレッグレストでした。冷え性には助かります。

これは、特に夏は「クーラーが効きすぎていて辛い」というお声があったことから生まれたものですね。

―― 一晩過ごす場所ですし、大勢が乗る車内ではみんなにとって快適な温度にするのはなかなか難しいところ。いいアイデアだなあと思いました。

あとは、電動ゆりかご機能も女性に人気です。手動で倒したシートをさらに電動で前へずらすことができ、フラットに近い感覚になります。

助かりますね。ほかにイオン発生器やミラーも、「無いと困る」というわけではないけれど、「あると嬉しい」ひと工夫だと思いました。

ノーメイクで乗車されるので、身だしなみは気になる方が多いと思います。
MYカーテンも、やはり女性からのご希望が多いですし。

――ただのカーテンではなく「MY」カーテンなんですよね。

はい。中央列と窓側列、あいだに1枚だけだと、どちらかの席の方が開いたとき、もう一方は「閉めておきたいのにな……」とお思いになるかもしれません。「ボーテ」では、カーテンを左右各2枚設けて、それぞれが自分のカーテンを開け閉めできるようにしました。

【3】カラフルなシートデザインは、楽しく旅してほしいから

―― 車内を見てみると、シートのデザインが3パターンあって驚きでした。普通は1パターンですよね。

デザイン性はかなりこだわったところです。「かわいい」と言っていただけるバスを目指しました。沢山の布見本を取り寄せて、沢山話し合いましたね。

――そのこだわりはどこからきたのでしょうか。

ボーテは、とことん女性が楽しく乗っていただけるようにしたかったんです。
10年ほど前であれば、「夜行バス=男性が多く利用する乗り物」というイメージがあったかもしれません。WILLER EXPRESSはイメージを変えていきたかった。そこで外観がピンク色の車体をつくり、シートもオリジナルで開発し、清潔さと快適さを実現してきました。

――実際、WILLER EXPRESSは全利用者の半数以上が女性だとうかがいました。

はい。そうしたこれまでの経験と、お客さまの声をもとに、徹底して女性目線に立ってつくったのが、この「ボーテ」なんです。

――なるほど。高速バスユーザーの女性として、こういうバスが増えていくと嬉しいです。今日はありがとうございました!

Pocket

もし今すぐバスを予約したい方は
すぐ検索できます。

格安系バスの取り扱いは日本トップレベルです。

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*